▶︎書籍 『ある日、うちの子が学校に行かなくなったら』◀︎

【子育てが間違っていた?】不登校になる子の親には特徴があるのか?【復学率100%私たちの考え方について】

不登校になる子の親の特徴

(この記事は、2021年9月17日に更新されています。)

私の子育てが間違っていたのか?

厳しく育て過ぎたのか?

仕事が忙しくて構ってあげられなかったから?

母子家庭だから?

お子さんが不登校になってから、多くの親御さんが、今までの子育てについて振り返り、考えてこられた方も多いのではないでしょうか?

今回は、そのような悩みを抱えていらっしゃる親御さんに向けて、『不登校のお子さんの親の特徴について書いていきます。

こんにちは、しのさんです!

こちらの記事をお読みいただき、ありがとうございます。

今回は、少し耳の痛い内容かもしれません。

しかし、不登校を克服するためには、目を向けなければならないことです。

自分に向き合い、自分自身を変えていくきっかけになれば幸いです。

この記事を書いている私は、不登校克服を専門に15年以上活動されている指導の先生の元、復学支援に携わっています。今まで200名以上の復学に携わりました。

実際に不登校のお子さんや親御さんとも直接関わっていますので、現場目線で事実に基づいてお伝えします。

お子さんが不登校になりやすい親御さんの特徴は?

結論からお伝えしますと、

過保護・過干渉》《子ども上位》《心配性で先回り》《せっかち、子どもが自分でやるのを待てない》などです。

つまり、心配性で先回りしてよく喋るという親御さんが多いように思います。

えっ?他のご家庭の不登校になっていない親御さんは、違うの?と思われるかもしれませんが、不登校になるお子さんも、不登校にならない親御さんも、同じように叱ったり、声かけしたりしています。

それでは、なぜうちの子だけ不登校になるのか?というと、お子さんの元々の性格が違うためです。

不登校 特徴

お子さんの性格に対する対応・子育てが合わなかった。と考えます。

はじめにお伝えしますが、こちらのブログでお伝えしたいことは、誰も悪くはなく、誰も責められることではないということです。

■不登校になったのは、子どもの性格の問題なのか?
何かの脳の問題で病気なのか?
もしかして自分の何かがいけなかったのか?

と試行錯誤して様々な支援機関に相談に行かれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ネットでどの情報が正しいのか?

またこの方法は本当に不登校問題を解決してくれるのだろうか??

と分からなくなっているかと思います。

『朝から寝るまで、言い過ぎてきたなぁ、心配性だったなぁなどお母様に自覚がある場合と、特に普通にしてきたつもりだけど・・・?』

と思われる場合があります。

いずれにしても、兄弟いても1人だけ不登校になることがほとんどですので、お子さんの性格も関係していることも確かでです。

過去に原因を求めたり、自分を責めたり、他人を責めたりしても改善・解決には至りません。

これからどうしたら、この子を学校に戻すことができ、子どもが学校生活を楽しめるようになるのか、そちらにフォ-カスしていくことが大事です。

なので、「子どもの全ての行動は親の育て方による」と考えると不登校は早く克服できます。


この考えが復学率100%の私たちが考える不登校克服に対する結論になります。

まとめ

■《過保護・過干渉》《子ども上位》《心配性で先回り》《せっかち、子どもが自分でやるのを待てない「心配性で先回りしてよく喋る」親御さんが多い。

お子さんの性格に対する対応や、育て方が合わなかったと考える。

「子は親の鏡」と考えて、自分自身の言動を振り返ってみる。

なんでも聞いてくる子になっていませんか?

実際にあった例をお伝えしますと、

あれしていい?

これしていい?

これ食べてもいい?

など、なんでも母親に聞いてくることはありませんか?

これらは、

あれしなさい

これしなさい

こうした方がいいんじゃない?

などの言葉かけをしてきたお母さんが多く、子どもが自分で考えて行動する。という機会が少なく、主体的な力が養われなかったと考えます。

学校では自分で考え行動する場面が多いですから、主体的に行動していかなければいけません。

小学生のうちは友達や、先生がサポートしてくれるでしょう。

しかし、中学生になると、学校の先生も教科ごとに変わったり、部活なども始まり、友達などの人間関係も複雑になります。

全て回りがサポートしくてくれるとは限りません。

そのため、学校がどんどん居心地の悪い場所になり、何もしなくても過ごすことができる家に居続けたいという思いになるでしょう。

はじめは、「時間が経ち、エネルギーが溜まればすぐに学校に行くようになるだろう。

など思っていると、時間だけがすぎてしまい、学校に行かなくなった原因を探すかと思います。

いじめられたのか?

給食が食べれないのか

授業についていけないのか

他にもたくさん子どもに休む理由を聞くかもしれません。

子どもから、

いじめられた

給食がいや

先生が怖い

音楽が苦手

など話してきたら、なんとかそれを変えようと

給食の配慮をしてもらう

友達や先生にも配慮してもらう」など、

人のせいではないですが、他者に解決方法を見つけようとします。

このような場合でも、どのように考えるべきかというと、

給食を食べられない子に親が育てた(子どもの好みの食事にしていた)

友達と仲良くできない子どもに育ててしまった(なんでも子どもに合わせてきたので子どもが友達に合わせられない)

心配性の子どもに育ててしまった(子どもが失敗しないように先回りしてやってきた)

というように考えていけば、子どもが自立して、復学するかどうかは、親の対応や考え方が大きな要因ですから、他者を変えたり環境を変えたりするよりも時間も早く簡単です。

まとめ

子どもが自立していないのは、子どもが自分で考えて行動する。という機会が少なく、主体的な力が養われなかったと考える。

なぜ不登校克服のために母親の特徴を載せるのか?

なぜ不登校克服のために、子どものことではだけではなく、母親の特徴をのせるかというと、「子どもがとっている全ての行動や言動は親の育て方による」と考えているからです。

子どもたちは、生まれてから約10年しか経っていません。

厳しい言い方になるかもしれませんが、悪いところがあるとすれば、誰かがそのように育てた。と考えます。

気にしすぎの子に

なんでも心配する子に

わがままな子に

友達と交わりにくい子に

このような性格の子に育ててしまったと考えます。

お子さんが不登校になりやすい親御さんの会話例

それでは、【お子さんが不登校になりやすい親御さんの会話例】を紹介いたします。

子どもが自分で何かやろうと思っていても、待ちきれず、子どもが失敗しないように、先回りして言葉かけをします。

例えば、平日の朝、

早く起きなさい」

ご飯食べないと冷めちゃうよ」

宿題やったの?」

忘れ物ない?

など。

ご主人も仕事に出る時間なのに気にも止めず。

学校から帰ってきても、

宿題はやったの?」

習い事の時間じゃないの?」

早くお風呂に入りなさい」

早く寝ないと明日起きれないよ、

など

心配して子どもの問題にも干渉し過ぎて、子どもは口が動かず、首を降っていればいいという子育てをしている親御さんも多いです。

子ども自身がどうするかを考える機会もなく「自立と協調性」が育まれないのです。

宿題をやらないで怒られるのは子ども自身です。

風邪を引いて辛いのは自分です。

100回口で伝えるよりも本当に辛い経験を1度した方が良いのです。

このように家庭内での対応を変え子どもの性格を改善していくことによって不登校を克服していきます。

まとめ

結論、不登校になりやすい親の特徴は《過保護・過干渉》《子ども上位》《心配性で先回りする》《せっかちで子どもが自分でやるのを待てない》

「心配性で先回りしてよく喋る」ということです。

今回は、一つの例をお伝えしましたが、もちろんこれに限ることではありません。

私たちの指導では、お母様の対応やお子さんの性格も見ながら、一つ一つお伝えしていきます。

親が変われば子は変わる

これは本当です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらのブログでお伝えしていることは、基本的な考え方になりますので、ご家庭によって対応が変わる場合があります。独断で対応されないことをお勧めします。

お問い合わせ
ある日、うちの子が学校に行かなくなったら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です