【お知らせ】7/16(火)広島・福山市で面談を行います(詳しくはこちら

復学率100%
GoTodayの復学支援

GoTodayの復学支援は「親が変われば、子は変わる」という考えを基本に行っています。

子どもの自立と協調性を育む家庭教育を通じて、3〜4ヶ月で復学を目指します。

私たちが目指しているのは、あくまでも教室へ「継続登校」です。

復学支援Gotoday|不登校を克服するには

より詳しい内容や料金については下記をお読みください⬇︎

復学支援の内容

詳細は面談でお話しさせていただきます。

ご家庭の状況【学年・兄弟の有無・登校状況など】によって、復学支援の流れが変わることがあります。

詳しい流れにつきましては、面談でご家庭の状況を確認させていただいた上で、より詳細にお伝えします。

他の復学支援との違い

他の支援機関(子どもに重点を置く)

親御さんから子どもの状況を確認したり、子どもへのカウンセリングや治療を行い、〇〇症などの診断を行うケースが多い。
また、フリースクールや適応指導教室など、学校(教室)以外の選択肢を薦めることもあったり、「自立を待つ」傾向がある。

※他の支援機関の全てに当てはまるわけではありません。

GoToday(親に重点を置く)

指導内容はご家庭の状況に応じて異なりますが、「親が変われば、子は変わる」を基本に具体的な会話法、対応法を学んでいき、子どもの「自主性」「協調性」「社会性」を養っていく。
そして、ご家庭の状況に応じて不登校を改善でなく、解決(教室へ継続登校)する対策を行っていきます。

指導方法

GoTodayの指導方法は、大きく2つに分かれます。

  1. 親御さんへの指導
  2. 子どもへの指導

全国どちらにお住まいでも同じ内容で復学支援を受けていただけます。

また、復学までの期間も地域によって変わることはありません。

それぞれ詳しく説明させていただきます。

親御さんへの指導

主にこの2つを通じて進めていきます。

  1. 電話相談(平日毎日)、メール
  2. 親子の会話記録の添削

復学支援が始まりましたら、【復学支援を受けられている方専用サイト】をご案内しますので、親御さんに「復学支援を受けるにあたっての心構え」「不登校克服のための考え方」等を学んでいただき、「親子の会話記録の書き方」「電話相談の方法」について確認いただきます。

そして、1.電話相談・メール、2.親子の会話記録の添削を通じて子どもへの対応や考え方を身につけていただきます。

1.電話相談、メール

電話相談は、親御さん(お母様が窓口)と平日毎日行います。

登校〜継続登校までのノウハウがありますので、ご家庭の状況に合わせて細かく具体的に指示を出していきますので、お母様が窓口となって夫婦で協力し、指示通りに進めていただきます。

ご自宅に戻ってから緊急時の対応や、困ったことがある場合、メールでご相談いただけます。

電話相談は土日祝は基本的には行いませんが、緊急時等はメールで相談を受けています。

お仕事をされている親御さんがほとんどですので、電話相談の時間帯はお仕事と両立できるように相談しながら進めていきます。

こちらもご確認ください▼

【子どもの不登校】母親が仕事を辞めずに済む方法を解説

電話相談は、お子さんには聞かれないように家の外で行っていただき、メールや会話記録の添削の内容はお子さんに見られないように管理をお願いしております。

2.親子の会話記録の添削

私たちが指示する方法で、毎週家庭の状況やお子さんの様子を送っていただきます。

お子さんとどのように話をしているのか、親がどのように声かけ・受け答えをしているのかを毎日記録していただき、指導者が添削指導します。

質問や相談については、電話相談でお受けしています。

下記に登校前や登校後でどのようなことを相談を受け、指導を行っているのかを一例としてお伝えしたいと思います。

主な相談内容の一例

ご家庭によって困りごとは様々だと思いますので、「子どもにどう接していいかわからないとき、困った時、心配や不安を感じた時はいつでも連絡してきてください」とお伝えしています。

ほとんどの親御さんは「学校に行く・行かない」という問題以前に子どもの家庭内での問題行動について山ほど悩まれているのではないでしょうか?

登校前

●昼夜逆転している

●子どもが癇癪を起こしている

●子どもが暴れている

●子どもが部屋に閉じこもって出てこない

●兄弟喧嘩が絶えない

●ちょっとしたことで、よく拗ねる

●食事に呼んでも来ない

●お風呂に入らない

●ゲームや食べ物等の要求が多い

●朝起きてこない

●好き嫌いが激しい

●玄関の鍵をかけられて家に入れない

など

登校後

●宿題をやらない

●忘れ物が多い

●学校でトラブルがあった

など

これら毎日の子どものすることや、親がどう対応したら良いのかをその時々でお伝えしています。

親御さんは、「親が変われば、子は変わる」を実践し、お子さんの自立心と協調性を養うために、今まで子どもに手をかけすぎていた自分自身を変えていく努力をします。

その上で、私たちがお子さんを学校(社会)に戻し、安定して継続登校できるまで見守ります。

安定して継続登校できましたら、電話相談の回数を減らし、親御さんもお子さんも不安がなくなりましたら、指導卒業になります。

指導卒業後も休んでしまった場合など、万が一問題が起きた場合には相談をお受けしています。

私たちは、一度指導を卒業されましても、お子さんが成人するまではご相談をお受けしています。

子どもへの指導

GoTodayはお子さんへの指導を全く行わないわけではありません。

学校を休んでいる子どもを登校に導くために、第三者の役割がとても大きな役割を担っています。

まず、「子離れ・親離れ」するためにも、よく親御さんと打ち合わせをしながら家族以外の人との接触を行います。

親御さんが子どもとの距離(物理的・精神的)の取り方や親御さんの考え方が変わり、親御さんからの依頼があれば、私たちはお子さんに直接、登校に向けた現実的な指導を行うことがあります。

母子登校や五月雨登校など、学校に時々登校していて学校の雰囲気や友達との繋がりがある場合は、希に、子どもへの指導を行わず、親御さんの対応を変えるだけで登校できるようになるケースもありますので状況に応じて対応していきます。

夏休み期間中のサポートについて

Go Todayでは、『指導開始から3~4ヶ月を目標に教室への復学する』ことを目指しています。

そのため、指導開始の時期によっては夏休みが途中に含まれることがあります。

親御さんの不安や迷いを少しでも軽減するため、Go Todayでは夏休み期間中も、お盆期間を除き、休み前と同じように電話相談(平日毎日)を行っています。

夏休み前に登校せずに夏休みに入った場合と、登校を開始してから夏休みに入った場合とで、休み期間中の対応も変わるケースもありますので、家庭の状況に応じてケースバイケースで対応しています。

詳しくは個別面談の際にお尋ねください。

GoTodayについて

GoTodayは「親が変われば、子は変わる」を基本に小中学生の不登校を克服する支援機関です。

親の力だけでは不登校の解決が難しいと感じられている全国各地からのご相談に対応しています。

よくお受けするご相談は下記のような相談が多いです。

●不登校が長期間になり、途方に暮れている(お困りの方はこちら

●子どものわがまま・暴力・暴言で困っている(お困りの方はこちら

●子どもの母子依存が強く、基本的な生活が一人でできない(お困りの方はこちら

●保健室などの別室登校はできるが、教室へ入れない(お困りの方はこちら

●通院や服薬をしても改善どころか状態が悪くなっている(お困りの方はこちら

●イベント・行事は参加するものの教室には入れない(お困りの方はこちら

●1日中、youtubeやゲームをして昼夜逆転し。引きこもっている(お困りの方はこちら

●家では元気でも、学校の話をすると拒否されて話にならない(お困りの方はこちら

●髪の毛を抜いたり、自分を傷つけるような言動がある(お困りの方はこちら

など

不登校は、「学校に行っていない」ということだけではなく、家庭内での様々な問題に対処していく必要があると考えています。

親子関係の再構築や短期不登校〜長期不登校まで、様々なケースのお子さんを毎日継続して学校に行けるようになるまで、親御さんの伴走者として不登校克服のノウハウをお伝えしています。

GoTodayについての詳細はこちらをお読みください。

復学支援GoTodayとは

GoTodayの考え方

GoTodayが言う「復学」とは子どもが継続的に学校に登校できている状態のことを言います。

つまり、1日、2日だけ学校に行くのではなく、《登校に問題がなくなるまで見届け》、親御さんが私たちの指導がなくなっても《親の対応ができる》ことだと考えています。

そのために、必要な土台づくりとして「親が変われば、子は変わる」という考えのもと、子どもの「自立と協調生」を育み、継続登校に向けて親が変わる努力をし、子どもへの対応を学ぶことが重要です。

  • 「親が変わる」という考えを持ち、「子どもを変えようと思わない」こと
  • 親と子どもの問題を分けて、子どもの問題に過干渉・過保護にならない
  • 子どもに振り回されたり、気を使わず、親上位の親子関係を作る

このような基本的な考え方ができるようになり、子どもが今後、社会(学校)に出ていくための自立と協調性、社会や家庭での善悪と常識を家庭内から一貫して親が態度や背中で正く教え示していく必要があると考えています。

母親メール講座でも7通のメールを通じて復学支援の考え方やより詳しい声かけなどを配信しています。

不登校を解決するための母親メール講座

GoTodayの特徴

●主に親御さんの対応を変えることで子どもを再登校に導く

GoTodayでは、親御さんに「子どもとの接し方」や「親としての考え方」を徹底指導し、子どもの自立と協調性を育む子育てをお伝えしています。

相談頻度は3日後・1週間先などではなく、「子どもにどう接していいかわからないとき、困った時、心配や不安を感じた時」リアルタイムにいつでも相談できる体制をとっています。

●【復学率100%】3〜4ヶ月で復学・継続登校

お子さんが不登校になると、お子さんが辛い思いをするだけでなく、親御さんや兄弟などへの負担も大きくなります。

不登校が長期間に及ぶと、「不登校」という状況以外にも様々な問題行動が出てきます。

そのような親子の負担を少しでも減らせるように1日でも早く復学できるように指導を行なっています。

また、子ども達にとっての学生時代は二度と取り戻せない貴重な時間です。子ども達のためにもできるなら再登校までの時間は早い方が良いと考えています。

※ただし、親御さんやお子さんの状態を見て復学のタイミング判断しますので、急いで無理やり学校に戻すことはしません。

●経験豊富なスタッフ

GoTodayのスタッフのほとんどは、実際に子どもの不登校を経験し、復学支援を受けて復学した親が行なっています。

親御さんの不安や悩みがわかると同時に、指導者としてもお子さんの復学を伴走者としてサポートします。

他の支援機関との違いについてはこちらをお読みください。

他の不登校支援機関との違い

復学支援の流れ

STEP.1 お問合せ

お問合せ・申込みフォームからお問合せください。

お問合せ・申込みフォーム

お問合せいただきましたら、2,3通のやり取りをさせていただき、直近2週間の面談可能日をお伝えしますので、ご都合の良い日程を調整をさせていただきます。

STEP.2 面談

面談料金:20,000円(税込)/2時間 ※当日お持ちください。

面談方法:対面で行っております。

面談場所:主に東京・大阪・札幌・福岡で行っております。

詳細はこちらをご確認ください。

復学支援開始までの流れ

その他

土日も面談を行っておりますので、できる限りご夫婦でお越しください。

・面談でご家庭の状況を詳細にお聞きし、具体的な支援内容・支援の料金等をお伝えします。

・復学支援を受ける・受けないは、その場で契約を結ばずに一度持ち帰っていただき、ご夫婦でご検討いただきます。

面談から3日以内に受ける・受けないのお返事をいただきます。

STEP.3 復学支援開始

  • 電話相談(平日毎日)・メール
  • 親子の会話ノート添削
  • 必要に応じて第三者の登校刺激

※支援の内容については面談時にご説明いたします。

STEP.4 復学

復学支援開始から約3〜4ヶ月

復学後も登校が安定するまで、親御さんの相談を受けながら継続登校を目指します。

STEP.5 復学支援卒業

復学支援開始から約6ヶ月〜1年

登校が安定してきましたら、親御さんと相談の上、電話相談の頻度を減らして、親御さんもお子さんも不安がなくなれば復学支援卒業になります。

STEP.6 復学支援卒業

復学支援を卒業後も何か悩み事や、問題が起きた場合はお子さんが成人するまで相談をお受けしています。

料金

詳細は面談の際にご説明させていただきます。

内容金額
着手金
(申込時のみ)
100,000円
月額費用
(初月は日割)
●電話指導(平日毎日)
30,000円
●会話ノート添削料
10,000円
成功報酬再登校後に発生いたします。
学年によって違うため、詳細は面談でお伝えします。
訪問指導料
(交通費別途)
10,000円〜30,000円
ケースによって違うため、詳細は面談時にお伝えします。

※消費税が別途かかります。

  • 着手金・月額費用・訪問指導料は表示金額以上はかかりません。(初めの面談だけでは、着手金等は発生いたしません)
  • GoTodayは復学支援を卒業された後も、お子さんが成人するまで相談をお受けしています。着手金はそのための保険料のようなものとお考えください。
  • 【登校】とは教室へ朝から遅刻早退・送り迎えなく登校することです。
  • 成功報酬は万が一登校しなければいただきません。
  • 電話指導の回数は指導卒業に近づくと回数は減り、回数に応じて月額費用も減額します。(詳細は面談で説明させていただきます。)

面談の内容

面談で主に下記の内容をお話しさせていただきます。(内容はご家庭によって変わる場合があります)

面談の場で契約は結ばず、必ず、一度持ち帰っていただき、ご夫婦で相談の上、3日以内に指導を【受ける・受けない】を決めていただきます。

  • お子さんの経緯や現状、ご家庭の状況を確認させていただき、ご家庭に合った復学までの流れをお伝えします。
  • 普段、親御さんがお子さんにどのように声かけしているのか、確認させていただき、お子さんに合った声かけや対応をアドバイスします。
  • 不安点や疑問点をお聞かせいただき、お答えします。
  • 支援の料金をお伝えします。

これまでの実績

これまでの支援のケース

下記のようなケースに当てはまらない場合でも、お気軽にお問合わせくださればと思います。

不登校期間

  • 数日〜4年完全不登校

状態

支援をお受けする段階でこのような状態のお子さんを復学させてきました。

  • 完全不登校
  • 母子登校
  • 五月雨登校
  • 放課後登校(部活のみ参加も含む)
  • 兄弟4人不登校
  • 昼夜逆転
  • 3ヶ月以上風呂に入らない
  • 1年以上外出なし
  • 親や兄弟への暴言暴力
  • 家族以外の人と会うのが怖い
  • など

診断

支援をお受けする段階でこのような診断を受けているお子さんを復学させてきました。

  • 発達障害
  • 自閉症スペクトラム
  • 起立性調節障害
  • 睡眠障害
  • 潔癖症
  • 識字障害
  • 夜驚症
  • 過敏性腸症候群
  • など

学年・性別

依頼に来られるお子さんの学年・性別で多いのは、中学生男子が最も多いです。

性別
男子
60%
女子
40%
学年
中学生
60%
小学生
40%

体験談

実際に復学支援を受けられた体験談はこちらにまとめて掲載しています。

【2024.5.2更新】不登校克服体験談集

書籍

復学支援Gotodday|書籍

書籍の購入はこちら(amazonページが開きます)

GoTodayのカウンセラー(鈴木あや)が書籍を2冊出版しています。

書籍の詳細はこちらをご確認ください。

【書籍紹介】ある日、うちの子が学校に行かなくなったら

スタッフ

GoTodayのスタッフは、実際に子どもの不登校を経験し、復学支援を受けた母たちを中心に、お子さんの不登校でお困りの方の力になりたいと復学支援のスタッフとして活動を行っております。

復学支援の支援者であると同時に、不登校のお子さんをもつ母の立場の気持ちもわかります。現在スタッフは東京・埼玉・千葉・大阪・札幌・兵庫・福岡で活動を行っています。

面談場所につきましては、こちらをご確認ください。

よくある質問

よくある質問につきましてはこちらにまとめて掲載しています。

よくある質問

組織概要

GoTodayの組織概要についてはこちらをご確認ください。

組織概要・アクセス

復学支援GoToday|お問合せ