▶︎書籍 『ある日、うちの子が学校に行かなくなったら』◀︎

【不登校期間】学校行事に参加させるべき?

こんにちは!
しのさんです。

今回は【不登校期間の学校行事参加】について書いていきます。

不登校のお子さんの中には、授業を休んでいても行事は参加するという子も多いです。

復学支援を受けられた方に聞くと、ほとんどの方が、以前は誤った対応をしていたと言われます。


子どもの不登校を経験している親御さんであれば、誰でも子どもが長い時間家にいると、何とかして外に出させようと試みるかと思います。


旅行に出かけたり、外食したり、お子さんの好きなところに連れて行ったり。 少しでも日の光を浴びないと。。 と思われるかと思います。


中には、学校を長期間休んでいても、行事(体育祭、修学旅行)などには行きたいと言う子もいます。

担任やスクールカウンセラーなどから「参加できるようであれば参加させてください」と言われ、行事に参加できれば、きっかけを掴んで継続登校できるのではないかと思い、子どもに参加を促す親御さんがおられます。


「いきなり行事に参加できるんだったら、授業も参加できるんじゃないの?」
と勘違いされる親御さんもおられます。


しかし、不登校克服はそんなに簡単ではありません。


ほとんどのお母さんはの考えは、「このまま学校にいってくれないかな。


という思いになると思いますが、このような考え方、対応は継続登校には逆効果になってしまうということに気づく必要があります。


お子さんが行事から帰ってくると、必ずといってやってしまうお母さんの間違った対応があります。


この対応を変えていかない限り継続登校はできません。

学校行事に参加すれば、親が喜ぶと思い、子どもは「行ってきたよ」「楽しかったよ」と言うかもしれませんが、翌朝は布団から出てこないケースがほとんどです。

復学支援では、このような行事の時の親の言動も細かく指導しています。

家庭教育を学び、復学して行事があると、子ども自身が自分の意思で行事に参加し、必要なものは自分で準備し、足りないものは自分で買ってくる、また親に頼んで買ってきてもらうなど、自立して自分で準備し、必ずお子さんから「行ってきます!」 と言ってくる日が必ずきます。



今お困りの方は、お一人で悩まずに、お気軽にお問い合わせください。 

お問い合わせ
書籍のご購入はこちら⬇︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です