▶︎書籍 『ある日、うちの子が学校に行かなくなったら』◀︎

【克服体験談30】2年間不登校・昼夜逆転 | 学校の先生も地域の支援も拒絶していた – 中学2年生・男子 

不登校 体験談
  • 体験談はこちらにまとめて掲載しています。
不登校克服体験談

お子さんの不登校でお悩みの方の少しでも力になれば、
とのことで承諾をいただき、掲載させていただきます。

指導を依頼する前のお子様の状況・不登校期間を教えてください。

小6の途中の別室登校、イベント登校も含めて、2年間不登校の期間がありました。

きっかけは友人とのトラブルで不登校になりました。

不登校になってから、昼夜逆転でゲームばかりしていて、親が注意をすると反発し、暴力を振るうこともありました。

また、生活面では、偏食になり不衛生な生活を送っていました。

人との関わりを避け、オンライン上での会話だけでした。

学校の先生も地域の支援も拒絶、フリースクールには数回行きましたが、続きませんでした。

本人は自殺願望をもった時期もありました。

子どもが不登校になってどのようなことに悩んでいましたか? 

周囲の方は、

「エネルギーがたまれば〇〇くんは大丈夫」

と言ってくれてましたが、いつ貯まるのか、いつトンネルから抜けられるのか分からず不安が続いていました。 

なぜ、こうなったのか、これからどうなるのか、このまま引きこもりの生活が続くことに恐れていました。

また、そのことで私自身も心が安定せず、仕事や対人面でトラブルが起こりそうになり、辛い日々でした。

妹への影響もとても心配でした。

GoTodayに依頼された理由は何ですか? 

“復学率100%”“親が変われば”というところに惹かれました。

不登校から一年経ったころ、フリマサイトで購入した不登校関連の本に「gotodayさんで復学しました」とのメッセージが添えられており、はじめて知りました。

サイトを拝見しても、

「金銭面の不安や親が変わるだけで復学するの?」

と詳細が分からなかったので、少し警戒しつつも面接のお約束をしました。

しかし、コロナでの自粛期間と重なり、一旦面接はキャンセルさせていただきました。

そして、一年ほど経ちました。

その間、さまざまな機関に相談してみたり、フリースクールに通わせてみたりしましたが、息子は変わりませんでした。

そこで、ようやく“息子は学校へ通いたいんだろう”ということに気付きました。

そのころ、gotodayさんで復学された方のブログと出会い、

「これはお願いするしかない!」

と思いました。

面接の際に、息子の経過をお伝えすると、

先生が、

「友だちがいるなら、早く戻してあげましょう」

とおっしゃてくださり、決心しました。

復学支援を受けて、お母様ご自身や、お子様に変化や改善点が見られた点はありますか?

私自身は、ごく普通だと思っていた子どもへの関わり方が、過干渉であり、先々の心配をし過ぎていたことが分かりました。

また、子どもの問題と親の問題が混同していることが多く、自分自身の関わり方の傾向が、先生方の指導のおかげで知ることができました。

親が干渉しなくても、息子が自分で考え行動できる力を持っていることが分かりました。

以前の子育ては、子どもの成長に似合った関わりになっていませんでした。

親子の会話は、多い方が良いと思っていましたが、そうではないことも分かり、不必要な声かけがなくなりました。

復学から半年経ち、息子は周囲から「不登校だったの?」と言われるまでに、何もかもが変わりました。 

欠席することなく、部活も学校行事も本当に楽しそうに過ごしています。

24時間体制でしっかりとサポートしていただき、安心して指導を受けることができました。

本来の中学生の姿に戻していただき、心より感謝しています。

お問い合わせ
ある日、うちの子が学校に行かなくなったら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。