【克服体験談6】腹痛・頭痛・嘔吐 小学6年生・男子

不登校期間

小学5年生6月〜

再登校後、お母様より

6年生になり「(担任の)先生が怒鳴るから~イヤ」とよく言ってました。

私は話を聞き、
「○○(子)が叱られてるわけではなく、他の子がしかられてるんだから気にしないで、聞き流せばいいよ。」
と何度も言ってました。

参観日の日、クラスの状況を見ました。

授業の最初にする号令、何度もやり直し。

ピリピリと張りつめた空気が漂っていました。

授業中もなんだこの重苦しい空気。

息がつまりそうでした。

6月後半から異変が起こりました。

朝、制服に着替えて、おなかが痛いとトイレに行く。

なかなか出てこない。

出てきても「だめ」と言う。

「車で送って行くから、ゆっくりトイレ行っていいよ」と私は言いていました。

時間に遅れて学校に行けるようなタイプではありません。

出発の時間になると 腹痛、頭痛、嘔吐の日が続きました。

仕方なく休ませると日中はそんなことないのです。

これはおかしい。

この頃のことを思い出すだけで辛く、苦しくなります。

不登校になる前は、息子が失敗しないように、私は手出し口出しをしてました。

日常生活においては、朝起こすことから始まり、「宿題やって、ご飯食べて、 風呂入って、早く寝てと、」○○・○○ばかりしてました。

私はスクールカウンセラーさんに2週間おきにお世話になっていました。

息子はいつ学校に行けるようになるのか尋ねても答えは「わかりません」でした。

私はどうしても小学生のうちに学校に戻したかったのです。

復学後の現在の息子は、前向きに見えます。

この子が不登校だったのかと疑ってしまいます。

それくらいおだやかになったと思います。

今日中学校の入学式が午後からあり、スムーズに学校に行くことができました。

今では息子が不登校だったとは思えません。

今日が新たなスタートです。

継続登校できるように頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です