復学支援・家庭教育支援について

復学支援について

私たちは、小・中学生の復学支援を専門としています。

五月雨登校・別室登校・イベントだけの登校・完全不登校・家庭内暴力・母子登校などでお困りの方。

私たちは復学を目指し、継続登校をサポートするためにお子さんの性格に合わせた対応の仕方を具体的に家庭教育でお伝えしています。

料金や、指導の具体的な内容は、お子さんの状態や学年によって変わってくるため、詳細は事前カウンセリングでお伝えしています。

学校は、子どもたちにとって全てが楽しい場所ではなく、嫌なこと、緊張すること、苦手なこと、様々な人間関係などがあります。

そのような様々な出来事や、人間関係を経験し、乗り越えていくことで成長できる場所が学校だと考えています。

子どもたち一人一人が、社会に出て自立していくために、環境を変えることだけではなく、乗り越えることで成長できる機会をサポートします。

足りないのは愛情ではありません。

お子さんの性格に合った対応を学べば、子どもは自立していきます。

復学支援の流れ

ご相談・お問い合わせ

まずは、お問い合わせフォームからご連絡ください。

 >>お問い合わせはこちらから<<


事前カウンセリング

 ▪️事前カウンセリング(約2時間)
 ▪️カウンセリング料20,000円(税込)

カウンセリングの際にご準備いただきたいものについては、メールにてご連絡させていただきます。 

指導内容や、金額についてはカウンセリングの際にお伝えしています。

※カウンセリングは親御さんのみ対象です。(可能でしたらご夫婦でお越しください)

カウンセリング後に一度持ち帰っていただき、指導を受けるかどうか、ご検討いただきます。


支援開始

▪️家庭教育支援

・電話カウンセリング(平日毎日)
・会話ノートチェック

▪️訪問支援

・サポートの方の訪問
・登校指導/登校意思確認
・復学準備のサポート


復学

指導開始から約3〜4ヶ月
※本人の状況やご家庭の状況によって期間が少し延びる場合があります。


継続登校のサポート・指導卒業

指導開始から約6ヶ月〜1年

家庭教育支援について

家庭教育支援コースでは、家庭内の親子の会話や、お子さんの様子をノートに記入していただきます。

記入していただいた会話ノートをチェックし、ご家庭や、お子さんに合った対応法をそれぞれの家庭に合わせてお伝えします。

会話ノートや、電話カウンセリングなどを通して、家庭内の会話や、お子さんの性格を分析し、具体的なアドバイスをさせていただきます。

その結果、親が変わり、お子さんが変わります。

また、家庭力を高めることにより、不登校や、引きこもり、家庭内暴力などの問題行動を予防します。

時間割を自分で揃えない」「挨拶をしない」「時間を守らない」「毎日起こすのが大変」など、お悩みのことがあれば、一緒に家庭教育を学んでみませんか?

実際に家庭教育支援を受けたアドバイザーが具体的なアドバイスをさせていただきます。

支援対象は未就学児、小学生、中学生です。

小学生、中学生はお子さんが登校については問題なく継続登校している親御さんが対象です。

不登校などの事例は、復学支援の対象になります。

書籍のご購入はこちら